あなたには、この宝物がみえますか~憲法たんば

kenpotamba.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 09月 12日

前川喜平さん講演会

前川喜平さん講演会_a0044147_10310165.jpg
2017年の木村草太さん講演会、2018年の望月衣塑子さん講演会につづいて、今年10月25日に丹波の森公苑ホールで前川喜平さん講演会が開かれます。
主催は、実行委員会で、憲法たんばも実行委員会に参加しています。
前川喜平さん講演会の開催要領は、次のとおりです。多数のご参加をよろしくお願いします。

<前川喜平さん講演会>
★とき/2019年10月25日(金)午後6時半〜
★ところ/丹波の森公苑ホール(兵庫県丹波市柏原町)
★講師/前川喜平さん(現代教育行政研究会代表)
★演題/子ども・教育・未来
★入場料/前売券800円(当日1000円、高校生以下無料)
★主催/10.25前川喜平さん講演会実行委員会
★協賛/ひょうご夜間中学をひろげる会、丹波・篠山自主夜間中学
★後援/神戸新聞社、丹波新聞社、朝日新聞神戸総局、毎日新聞神戸支局、たんばコミュニティエフエム
★手話通訳あります。
★託児あります。要予約。
★前売券取扱所/ゆめタウン1階サービスカウンター(丹波市氷上町本郷)、小山書店(丹波篠山市魚屋町)、よしだ屋(丹波市柏原町)、だいじょうぶ屋(丹波篠山市)
★問い合わせ/0795-73-3869

前川喜平(まえかわ・きへい) さんのプロフィール/1955年奈良県御所市生まれ。東京大学法学部卒業。1979年、文部省(現・文部科学省)入省。宮城県教育委員会行政課長、ユネスコ常駐代表部一等書記官、文部大臣秘書官などを経て、2012年官房長、2013年初等中等教育局長、2014年文部科学審議官、2016年文部科学事務次官に就任。2017年1月、退官。現在、自主夜間中学のスタッフとして活動。



# by kenpotamba | 2019-09-12 10:33
2019年 09月 12日

第2回たんば憲法講座


第2回たんば憲法講座が8月30日、丹波篠山市内で開かれました。この講座は、ひょうご丹波・憲法を生かす会が主催し、憲法たんば(平和憲法を守る丹波地区連絡会)が協賛して開かれたものです。

講師は前回に続いて関西大学の高作正博教授。今回は、「改憲国民投票法の問題点」をテーマに高作教授に話していただいた。

高作教授は、改憲国民投票法の問題点として、「最低投票率の欠如」「周知期間・国民投票運動期間の短さ」「マスメディアを通じた広告」などを指摘し、詳しく解説した。講演の後、参加者による活発な質疑、意見交換が行われた。

参加者からは、「あまり深く知ろうとしてこなかった課題。やはり、『発議させない事』が重要だと改めて思った」「最低投票率がないことや、メディア規制のないことなど知らなかった。分かりやすく話してもらって勉強になった」「今回もポイントを絞った内容でよかった」「かみ砕いた説明で理解が進んだ」などの感想が寄せられた。

第2回たんば憲法講座_a0044147_10032409.jpg
第2回たんば憲法講座_a0044147_10044049.jpg



# by kenpotamba | 2019-09-12 10:06
2019年 01月 31日

『沖縄スパイ戦史』上映会&三上智恵監督お話会

2019年2月16日(土)午後2時から、丹波市氷上町・ゆめタウン2階のポップアップホールで、『沖縄スパイ戦史』を上映します。上映後には、三上智恵監督のトークもありますので、多数ご参加ください。
『沖縄スパイ戦史』上映会&三上智恵監督お話会_a0044147_14002593.jpg


# by kenpotamba | 2019-01-31 14:02
2018年 12月 01日

望月衣塑子さん講演会終わる

望月衣塑子さん講演会終わる_a0044147_15052992.jpg

望月衣塑子さん講演会終わる_a0044147_15032979.jpg

11月17日午後、菅官房長官の記者会見で脚光を浴びている東京新聞記者・望月衣塑子さんを講師に招き、篠山市・四季の森生涯学習センターで「いま伝えたい真実~望月衣塑子さん講演会」が開かれ、350人が参加した。
この講演会は、昨年9月に丹波市内で「木村草太さん講演会」を主催した実行委員会が名称を変更して開催した。参加者は、シンガーソングライター・川口真由美さんのミニライブと東京新聞社会部記者・望月衣塑子さんのパワフルな講演に熱心に耳を傾けた。
「権力が隠そうとすることを明るみに出すことが自分のテーマ」という望月さんの講演は、とても迫力があり、臨場感あふれるものとなった。
望月さんは「民主主義の危機とジャーナリズム」と題して、身振り手振りを交えながら、予定時間を超えて熱く語った。安倍政権の下で進む武器輸出や兵器購入問題、森友・加計疑惑などについて、取材経験に基づいて詳しく話した。報道の自由度ランキングによれば、日本は世界で67位となっており、安倍政権下、報道の自由度が低くなっていることを指摘。望月さんは「ジャーナリズムとは、報じられたくないことを報じること。それ以外のものは広報に過ぎない」というジャーナリストの言葉を紹介し、これからも自分の五感を信じて、「権力と対峙する位置にいるか」「疑問や疑念は解消できたか」「力の弱い多くの人たちが幸せになれるか」等々をテーマに、ジャーナリストとしての自信と誇りを持って取材を続けたいと語った。
参加者からは、「今まで聞いたことのない話しだった。来てよかった」「とても早口だったが、報道の裏が詳しくわかった」「記者のエネルギーを感じた」「とても分かりやすかった」「ニュースでは流れてこない情勢がわかり、危機感を感じた」「身振り手振りで白熱の講演。エネルギーと勇気をもらった」などの感想が寄せられた。


# by kenpotamba | 2018-12-01 15:08
2018年 10月 07日

新聞広告

11月17日の望月衣塑子さん講演会に多くの方に参加していただくために、地元紙に広告を出すことになりました。写真は、広告のゲラ刷りです。
新聞広告_a0044147_14085019.jpg


# by kenpotamba | 2018-10-07 14:06
2018年 09月 10日

望月衣塑子さん講演会のチラシを更新

11月17日に開催する望月衣塑子さん講演会の呼びかけチラシを更新しました。前売券の取扱所を4か所設置しました。
望月衣塑子さん講演会のチラシを更新_a0044147_14483818.jpg


# by kenpotamba | 2018-09-10 14:51
2018年 05月 01日

望月衣塑子さん講演会

昨年9月の木村草太さん講演会を開催した実行委員会が、今年10月20日に篠山市内で東京新聞社会部記者の望月衣塑子さんを招いて、講演会を開くことになりました。写真は、望月衣塑子さん講演会チラシのテスト版です。後援団体が確定すれば、チラシも印刷される予定です。
望月衣塑子さん講演会_a0044147_20133464.jpg


# by kenpotamba | 2018-05-01 20:14
2018年 04月 12日

憲法を生かす3000万人署名市民アクション

憲法を生かす3000万人署名市民アクション_a0044147_14475686.jpg
憲法を生かす3000万人署名市民アクション_a0044147_14474714.jpg
4月10日夜、丹波市内で「憲法を生かす3000万人署名・市民アクション篠山・丹波のつどい」が実行委員会の主催で開かれた。この日の「つどい」には、会場いっぱいの130人が参加。「総がかり行動実行委員会」共同代表の高田健さんが「憲法をめぐる情勢と私達の活動・展望」と題して講演した。高田さんは、「安倍9条改憲は『自衛権』一般の行使の宣言であり、2015年に強行した安保法制の枠組みを超え、国連憲章51条にいう『集団的自衛権』の行使、いわゆるフルスペックの集団的自衛権の行使がが可能となる」「『必要最小限度の実力組織』の規定を外すことで、自衛隊は憲法上の制約なく、海外で戦争できることになる」と指摘。「シビリアンコントロールが効かない自衛隊の暴走が明白になるとともに、行政を私物化する首相官邸疑惑・側近政治が次々と明らかになる中で、とても憲法を変える国会発議を2~3か月でやり遂げるのは巨大与党でも無理」「3000万人署名運動などで改憲反対の世論が盛り上がれば、年内発議を阻止できる可能性は高まる」「国民投票法では、有料のコマーシャルが無制限であり、最低投票率の規定もなく、改憲派に有利な内容になっている。国民投票にまで持って行かせないたたかいが重要。国会発議しても国民投票で通りそうにない状況を作りだそう」と訴えた。参加者からは、「安倍首相が追い詰められていることがよく分かった」「発議させない可能性があると聞いて元気が出た」「署名がんばろうという気持ちになった」などの感想が寄せられ、高田さんの講演は大好評であった。なお、実行委員会が7日に篠山市内の「さくらまつり」会場で行った統一行動では1時間で72筆の署名が集まり、21日にも統一行動が予定されている。

# by kenpotamba | 2018-04-12 14:57
2017年 09月 14日

木村草太さん講演会の感想

木村草太さん講演会の感想_a0044147_12450616.jpg


木村草太さん講演会に参加された皆さんから寄せられた感想の一部を紹介します。

●時間をかけて来て良かったと思いました。非常に有意義な時間でした。ありがとうございました。(大阪府池田市、50才代)
●ユニークな面もあり、ファンになりそう!(篠山市、60才代)
●スマートなジョークがたくさん織り込まれ、楽しく聴けました。何ぶん、私の勉強不足でむずかしい部分もありましたが、木村さんのお話のおかげで憲法がもっと好きになりました。(丹波市、30才代)
●憲法を正しく読むことの必要性を感じました。とても早いスピードで話され、あっという間の時間でした。これだけ大きな会を開くことはとても大変だったと思います。ありがとうございました。(篠山市、40才代)
●すごい分かりやすかったです。次回、名古屋にまた聴きに行きます。先生、大好きなので、憲法のべんきょうをさせていただきます。(明石市、10才代)
●ユーモアを交えて分かりやすかったです。子供が興味をもち、ついてきただけでしたが、私も少し興味を持てました。子供といっしょに勉強します。次、名古屋も聴きに参ります。(明石市、40才代)
●講演内容は分かりやすく、1時間半で非常に濃厚なものでした。さすがです。(舞鶴市、40才代)
●親子席で聴かせていただきました。分かり易く、また様々な問題に憲法が絡んでくるんだなあ、と初めて思いました。(丹波市、20才代)
●著書で記されている内容が詳しくユーモアをもって講演されていて、大変面白く拝聴しました。質問に対する回答も、法律学者らしく厳密で面白かったです。ありがとうございました。(篠山市、30才代)
●憲法の話ということで、難しいだろうと思っていたのですが、大変わかりやすく、面白おかしく話して下さり、良かったです。ありがとうございました。(西脇市、50才代)
●おもしろかった。(丹波市、40才代)
●時折はさみこまれるネタに笑わせてもらい、難しい話も分かりやすかったです。忘れていた憲法の条文を思い出させていただきました。(丹波市、40才代)
●講演いただき、ありがとうございました。これからニュースを憲法の視点から見ることができそうです!ドイツやフランスの憲法のお話が個人的にとても興味が湧きました。自分でも読んでみたいと思います。(篠山市、20才代)
●TVのコメントしか聞いた事ありませんでしたが、木村さんの人間くささを感じ、憲法が少し身近に感じる、とても面白いお話しをありがとうございました。(大阪府能勢町、40才代)
●すばらしい講演会でした。企画して下さった方に感謝します。満員の入場者で、とても嬉しかったです。(丹波市、60才代)
●具体的で解り易く、スッキリしました。もっとマスコミで大いにしゃべって下さい。(三田市、70才代)
●普段のニュースがより詳しく、深く分かって、とても楽しく話が聴けました。(宝塚市、30才代)
●憲法を身近に感じました。(篠山市、60才代)
●ロジカルであること、明快であることに感銘した。(丹波市、50才代)
●難しかったですが、憲法というところから色んな問題に切り込まれた話に引き込まれました。とても勉強になりました。ありがとうございました。(丹波市、30才代)
●今まで面倒くさく、知ろうとしなかったけど、「サイレント・マジョリティ」になりたくなく、参加しました。大変わかりやすくお話しされ、ありがたかったです。(会場が)寒かったです。(南あわじ市、40才代)
●とても分かりやすく、興味深い講演でした。(篠山市、40才代)
●たとえ話がおもしろかったです。内容はむずかしかったけれど、憲法について勉強せなあかんなあと思いました。コンサートもよかったです。(篠山市、50才代)
●聴きやすかった。憲法について改めて関心が持てました。(養父市、40才代)

# by kenpotamba | 2017-09-14 12:47
2017年 09月 11日

木村草太さん講演会に600人

9月5日夜、丹波の森公苑ホールで行われた木村草太さん講演会には、あいにくの小雨模様のなか、会場いっぱいの600人が参加しました。木村草太さんの講演は、分かりやすくて面白かったと大好評でした。取材をお願いしていた丹波新聞の足立記者が、さっそく10日付けの新聞に講演の要旨をレポートしてくれました。
木村草太さん講演会に600人_a0044147_09435311.jpg


# by kenpotamba | 2017-09-11 09:45