あなたには、この宝物がみえますか~憲法たんば

kenpotamba.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 11月 27日

「権理」

憲法を変えようという人たちは、今の憲法には権利ばかりで義務が書かれていない、とよく言います。
事実、自民党の改憲草案では、「国民の責務」が強調されています。

しかし、以前に述べたように憲法の役割は、「権力に歯止めをかける」ことであり、国民を縛る「法律」とは根本的に違うのです。
憲法とは、「国民に責務」を負わせるのではなく、「権力に責務」を負わせるものだと思います。

a0044147_1041975.jpg日本国憲法の第3章「国民の権利及び義務」には、人権について書かれています。

伊藤真さんの「高校生からわかる日本国憲法の論点」によると、そもそも日本には、幕末の頃まで「権利」という単語は存在しなかったそうです。西洋から持ち帰られた概念だったのです。
そして、「right」を最初に訳したと言われる西周(にし・あまね)の訳語は、「権理」だったそうです。この「理」が、いつの間にか利益の「利」に変わりました。
そもそも、「right」という単語には「正しい」という意味もあります。だから西周は、「理性」の「理」でもある「理(ことわり)」という文字を使ったといいます。

権利とは「正しいこと」、人権は「人として正しいこと」ということになります。

「権利ばかり主張する」などいう、憲法への批判に安易にごまかされてはいけないと思います。
11月27日

a0044147_104204.jpg
写真は、丹波市氷上町

# by kenpotamba | 2005-11-27 10:32 | 憲法 | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 26日

上映会チラシ

a0044147_14333059.jpg
実行委員会では、上映会のチラシを置いていただけるところや、ポスターをはらせていただけるところを探しています。
ご連絡をお待ちしております。
Email:kenpotamba@mxe.nkansai.ne.jp

# by kenpotamba | 2005-11-26 14:36 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 26日

コモーレ丹波の森

a0044147_1424407.jpg
丹波市柏原町母坪にある「コープ柏原店」(コモーレ丹波の森)の掲示板に上映会のポスターを貼らせていただきました。

# by kenpotamba | 2005-11-26 14:25 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 26日

コミュニティカフェ「みーつけた」

篠山市乾新町にある「コミュニティカフェ『みーつけた』」に、映画日本国憲法丹波地区上映会のチラシを置いていただいていました。
ありがとうございます。
お近くの方は、ご利用下さい。
11月26日

# by kenpotamba | 2005-11-26 14:16 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 25日

丹波新聞社にも上映会のチラシを置いています

後援していただいている丹波新聞社の1階ロビーにも、上映会のチラシを置いていただいています。
お近くの方は、ご利用下さい。
a0044147_959763.jpg


11月25日

# by kenpotamba | 2005-11-25 09:59 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 24日

丹波新聞篠山版

本日(11月24日)付けの「丹波新聞・篠山版」に、上映会の記事が掲載されました。
「丹波版」には、日を改めて掲載していただく予定です。
なお、丹波新聞の12月4日(日)付けに上映実行委員会として広告を出す予定ですので、お見逃しなく。

a0044147_2331340.jpg


# by kenpotamba | 2005-11-24 16:23 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 24日

実行委員会のメールアドレス

今日は、映画日本国憲法丹波地区上映実行委員会のメールアドレスをお知らせします。
実行委員会へのお問い合わせ、連絡などは、こちらへお願いします。

kenpotamba@mxe.nkansai.ne.jp

11月24日

# by kenpotamba | 2005-11-24 15:54 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 23日

上映会のチラシ置いてます

上映会の会場である丹波の森公苑と篠山市民センターに、上映会の案内チラシが置いてあります。
いずれも会場のご厚意で置かせていただいています。
ご自由にお取り下さい。

a0044147_14473999.jpg
写真は、篠山市民センターの1階ロビー。受付カウンターの横です。

# by kenpotamba | 2005-11-23 14:48 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 23日

もう戦争はしない

ふたたび、「新しい憲法 明るい生活」の話。

この本を発刊した「憲法普及会」は、会長芦田均、宮沢俊義、末川博、鈴木安蔵氏ら学者、ジャーナリストも理事に加わる半官半民の組織。各都道府県に支部がつくられたとのことです。

「新しい憲法 明るい生活」は、全世帯配布用の小冊子として刊行されました。
この小冊子から、「もう戦争はしない」という文章を以下、紹介します。

<もう戦争はしない>
私たち日本国民はもう二度と再び戦争をしないと誓った。(第9条)
これは新憲法の最も大きな特色であって、これほどはっきり平和主義を明らかにした憲法は世界にもその例がない。
私たちは戦争のない、ほんとうに平和な世界をつくりたい。このために私たちは陸海空軍などの軍備をふりすてて、全くはだか身となって平和を守ることを世界に向って約束したのである。わが国の歴史をふりかえってみると、いままでの日本は武力によって国家の運命をのばそうという誤った道にふみ迷っていた。殊に近年は政治の実権を握っていた者たちが、この目的を達するために国民生活を犠牲にして軍備を大きくし、ついに太平洋戦争のような無謀な戦いをいどんだ。その結果は世界の平和と文化を破壊するのみであった。しかし太平洋戦争の敗戦は私たちを正しい道へ案内してくれる機会となったのである。
新憲法ですべての軍備を自らふりすてた日本は今後「もう戦争をしない」と誓うばかりではたりない。進んで芸術や科学や平和産業などによって、文化国家として世界の一等国になるように努めなければならない。それが私たち国民の持つ大きな義務であり、心からの希望である。
世界のすべての国民は平和を愛し、二度と戦争の起らぬことを望んでいる。私たちは世界にさきがけて「戦争をしない」という大きな理想をかかげ、これを忠実に実行するとともに「戦争のない世界」をつくり上げるために、あらゆる努力を捧げよう。これこそ新日本の理想であり、私たちの誓いでなければならない。
a0044147_1439238.jpg


 

# by kenpotamba | 2005-11-23 11:45 | 憲法 | Trackback | Comments(0)
2005年 11月 23日

「新しい憲法 明るい生活」

憲法公布後1か月を経た1946年12月1日、帝国議会内に、「新憲法の精神を普及徹底し、これを国民生活の実際に浸透するよう啓発運動を行うこと」を目的として、「憲法普及会」が設立されました。

『憲法普及会』は、国民への憲法普及を図るため全国の各家庭に配布するために、『新しい憲法 明るい生活』を刊行しました。
なんと2,000万部も印刷されたそうです。
a0044147_1119199.jpg


以下、「発刊のことば」を紹介します。

古い日本は影をひそめて、新しい日本が誕生した。生れかわった日本には新しい国の歩み方と明るい幸福な生活の標準とがなくてはならない。これを定めたものが新憲法である。
日本国民がお互いに人格を尊重すること。民主主義を正しく実行すること。平和を愛する精神をもつて世界の諸国と交りをあつくすること。
新憲法にもられたこれらのことは、すべて新日本の生きる道であり、また人間として生きがいのある生活をいとなむための根本精神でもある。まことに新憲法は、日本人の進むべき大道をさし示したものであって、われわれの日常生活の指針であり、日本国民の理想と抱負とをおりこんだ立派な法典である。
わが国が生れかわってよい国となるには、ぜひとも新憲法がわれわれの血となり、肉となるように、その精神をいかしてゆかなければならない。実行がともなわない憲法は死んだ文章にすぎないのである。
新憲法が大たん率直に「われわれはもう戦争をしない」と宣言したことは、人類の高い理想をいいあらわしたものであって、平和世界の建設こそ日本が再生する唯一の途である。今後われわれは平和の旗をかかげて、民主主義のいしずえの上に、文化の香り高い祖国を築きあげてゆかなければならない。
新憲法の施行に際し、本会がこの冊子を刊行したのもこの主旨からである。
昭和22年5月3日 憲法普及会会長 芦田 均


11月23日

# by kenpotamba | 2005-11-23 11:17 | 憲法 | Trackback | Comments(0)