あなたには、この宝物がみえますか~憲法たんば

kenpotamba.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:上映会( 63 )


2012年 05月 27日

「チェルノブイリ・ハート」に寄せられたコメント(その1)

a0044147_10393792.jpg

●岩井 俊二さん(監督)
放射能の恐ろしさとは・・・
ここに来てもまだ自分の認識の 甘さを知りました。(twitterより)

●加藤 登紀子さん(歌手)
人間は、少しずつ進歩していると思っていた。
どこから道を間違えたのだろう。
自然を力づくで壊してきた人間は今や自分という 自然を破壊している!
それでも最後まで言おう、命は美しいと!!

●松田 美由紀さん(女優)
放射能の恐ろしさ! 本当にこれはジョークじゃない。
心が折れない時に是非見て欲しい。(twitterより)

●岩上 安身さん(ジャーナリスト)
チェルノブイリの惨禍はいまだ終わってはいない。
ベラルーシのゴメリ州の甲状腺ガンの発生率は1000倍に増加、
ミンスク市では奇形児の出生率が25倍に。
脳が頭蓋骨に収まらない水頭症の少女の姿。
「健常児が生まれる確率は15~20%」という医師の言葉が
遺伝子を傷つける放射能汚染の深刻さを物語る。
チェルノブイリの痛ましい「現在」は、
25年後の私たちの未来かもしれない。

●襟川 クロさん(映画パーソナリティー)
私たちは知るべきです。
その後のことを。 現在(いま)の彼らのことを。
そして、今の日本を。
いのちはたったひとつなのだから。

by kenpotamba | 2012-05-27 10:40 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 27日

DVD上映会「子どもを守れ!いま福島原発で起こっていること」

東日本大震災から3か月の6月11日、全国各地で脱原発100万人アクションが取り組まれます。

丹波地域では、下記のとおり、DVD上映会「子どもを守れ!いま福島原発で起こっていること」(広瀬隆講演会)が行われる予定です。

今夜、篠山市内で実行委員会が開かれます。

<DVD上映会~子どもを守れ!いま福島原発で起こっていること>

●とき/6月11日(土)午後2時半受付、3時上映

●ところ/篠山市民センター2階・催事場

●上映時間/108分

●参加費/無料

by kenpotamba | 2011-05-27 15:22 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2010年 09月 18日

神戸新聞社後援

丹波上映会に続いて、「いのちの山河」三田上映会も神戸新聞社の後援をいただくことになりました。ありがとうございます。

by kenpotamba | 2010-09-18 06:02 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 10日

篠山市教育委員会後援

「いのちの山河」丹波上映会は、篠山市教育委員会の後援をいただくことになりました。

by kenpotamba | 2010-03-10 13:42 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2009年 01月 24日

先行上映会(その2)

昨夜の「フツーの仕事がしたい」先行上映会は、「午後6時開場、6時15分上映開始」となっていましたが、私が会場に着いた5時半頃から続々と観客が集まり、狭いロビーが人でいっぱいになりました。結局、5時50分頃には開場となりました。
準備する主催者側の苦労もよく分かりますが、会場の規模(200人)から言って、できれば上映開始30分前には開場すべきだったと思いました。
それにしても、新聞、テレビが取り上げたためか、大勢の人が集まったものです。
今日公開初日を迎えた第七藝術劇場は満員の盛況となったのでしょうか?
a0044147_16154066.jpg


by kenpotamba | 2009-01-24 16:16 | 上映会 | Trackback(1) | Comments(0)
2009年 01月 24日

先行上映会(その1)

昨夜、映画「フツーの仕事がしたい」の先行上映会が大阪市内でありました。土屋トカチ監督が参加されるというので、天満橋まで足を運んできました。いよいよ「フツーの仕事がしたい」が関西の劇場で今日から公開されます。まずは、十三の第七藝術劇場で始まり、2月になると新開地の神戸アートビレッジセンターで公開されます。

昨日は、早めに会場に着いたので、整理券4番で入場しました。200人規模の会場でしたが、上映開始の6時15分にはほぼ席が埋まっていました。先行上映会大成功というところです。

昨年、篠山、尼崎、神戸で自主上映会があったので、今回で4回目の映画鑑賞となりましたが、何回見ても新鮮です。派遣切り等、雇用不安が高まるなかで、丹波地域でも「たんばユニオン」という、一人でも入れる労働組合=地域ユニオンが結成の準備を進めているだけに、いろいろと考えさせられました。

さて、土屋監督はこの日5時からサンテレビのニュース番組に生出演ということで、途中からの参加となりました。土屋監督の舞台あいさつには大きな拍手が送られました。テレビカメラも何台か入り、会場は大変盛り上がりました。
a0044147_14152548.jpg


by kenpotamba | 2009-01-24 14:17 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2008年 12月 14日

高松で「フツーの仕事がしたい」上映会

映画「フツーの仕事がしたい」公式ブログによると、来年1月に四国・高松で自主上映会が行われるそうです。お近くの方は、どうぞ。

2009年1月18日(日) 13:00~/15:00~(1日2回上映)
●ところ:香川県高松市・サンポートホール高松53会議室
●主催:香川連帯ユニオン(090-8698-2114)
●入場料:無料


by kenpotamba | 2008-12-14 07:49 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2008年 08月 10日

『ヒロシマナガサキ』を観て①~上映会アンケートから

●何とも言えない気持でいっぱいです。子どもがもう少し大きかったら、子どもにも見せたかったです。家に帰って、夫とも子どもとも話をしてみようと思いました。このような機会を用意していただき、ありがとうございました。今日知ったこと、感じたことをいつまでも大切にしたいと思います。(三田市、30才代)
●ヒロシマの人のくるしみ、ナガサキの人のくるしみがよくわかった。すごく原爆のおそろしさがわかった。(三田市、10才代)
●昨年見のがしたこの映画を三田で観ることができて良かったです。昨年は広島、長崎両地へ行き、思いを深くしましたが、今年はこの映画で・・・。必ず8月6日、9日を忘れないでいようと思います。(三田市、40才代)
●とてもグロかった。げんばくがこわかった。げんばくで死んだ人がかわいそうだった。(丹波市、10才代)
●長さきのことをはじめてしりました。ばくだんは、もうおとしてはいけない。(丹波市、8才)
●原爆は二度と使ってはいけないと思った。これを伝えていかなければいけないと思った。(丹波市、10才代)
●こわかった。えいぞうが気持ち悪かった。(丹波市、10才代)
●学校で「はだしのゲン」の映画をみせました。子どもたちに事前指導も事後指導もしましたが、また学校へ帰って、子どもたちに伝えることができました。DVDの貸し出しがあれば、と思います。(丹波市、40才代)


by kenpotamba | 2008-08-10 19:26 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2008年 08月 09日

『ヒロシマナガサキ』を7回上映

a0044147_21495273.jpg

映画『ヒロシマナガサキ』の上映会が終わりました。二日間、計7回の上映でした。憲法たんばが関わった映画会の中では一番多い上映回数でしたが、やはり選択肢が多いということは参加する側にとっては好都合のようでした。それぞれの都合に合わせて参加できるからです。主催者にとっては拘束時間が長くなり、大変でしたが・・・。
参加者の皆さん、スタッフの皆さん、本当にご苦労さまでした。
(写真は8月8日、三田・キッピーモールでの上映会)

by kenpotamba | 2008-08-09 22:03 | 上映会 | Trackback | Comments(0)
2008年 08月 05日

あす8月6日、『ヒロシマナガサキ』上映会

明日はポップアップホールでの上映会。果たして何人参加していただけるのか・・・。ふたを開けてみないと分かりません。不安な毎日が続きます。
a0044147_23273941.jpg


by kenpotamba | 2008-08-05 23:28 | 上映会 | Trackback | Comments(1)