あなたには、この宝物がみえますか~憲法たんば

kenpotamba.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 10月 12日

「戦場ぬ止み」感想その1

10月9日に上映した「戦場ぬ止み」をご覧いただいた皆さんの感想を何回かに分けて紹介します。
●東京の方でデモがあるのはニュースに出ていたが、沖縄は、団結力があって大迫力だった。(丹波市、10才代)
●同じ日本で起こっている光景とは信じがたいものでした。(篠山市、40才代)
●民意がなぜ無視されるのか、怒りがわいてきました。本当に戦争のようです。団結しか道はないのでしょうね。(丹波市、50才代)
●民主主義が日本にはない。(篠山市、40才代)
●巨大な力の前に無力感が募る。しかし、抗議をやめてはいけない。声を上げることをやめてはいけない。良い映画というか、記録でした。(丹波市、60才代)
●「普天間移設」ではなく、基地機能の拡大であることがわかった。基地も、安保法制も、安倍政治は民意を無視している。(多可町、60才代)
●感動した。あの素晴らしい自然を壊されることを想うと・・・。ニュースでは表面のことしかわかっていなかった。熱い想いに感動した。(篠山市、40才代)
●沖縄の人の気持ちがよく分かった。本土では他人事のような生活をしていますが、たたかいは続き、戦争は終わっていないと感じました。(丹波市、40才代)
●新聞やテレビで見た以上に、沖縄の方たちは、すごく大変な思いをされているんだなあと想いました。(篠山市、30才代)
●前回作にも増して良かった。このたたかいをもっと多くの人に伝えていきたいと感じた。(神戸市、60才代)
●沖縄の現状、現実を知ることができて良かった。現場に足を運びたいと思った。(福知山市、30才代)
●大手メディアが伝えない実相が知れて良かった。大衆闘争を息長く続けてこられている力強さや、その源にも少しは触れられた気がする。(高砂市、50才代)
●沖縄の事をあまりにも知らなかったと思います。映画を観れて良かったです。ありがとうございました。(丹波市、30才代)
●とても良いドキュメントでした。沖縄の問題と人権を結びつけて考える必要を感じました。(丹波市、60才代)
a0044147_9225330.jpg


by kenpotamba | 2015-10-12 09:21 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kenpotamba.exblog.jp/tb/21731188
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 本田あずさミニコンサート      「戦場ぬ止み」上映会終わる >>