あなたには、この宝物がみえますか~憲法たんば

kenpotamba.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 31日

「朝日のあたる家」アンケート(その1)

1月29日に上映された「朝日のあたる家」の感想を何回かに分けて、紹介します。

●最近、原発事故の報道がなくなったが、問題は何も解決できていない。このような映画をもっと手軽に見られるようにして、事故のことを風化させないようにしてほしい。(丹波市、40才代)
●いつもの当たり前の生活や仕事、友人、ふるさとを失うことはどういうことか、よく伝わってきました。原発事故、原発災害はここ篠山、丹波地域にも関わる事なので、他人事とは思えませんでした。(篠山市、50才代)
●いつ同じ事が起こるかもしれない。忘れないことが大事です。多くの人に観てもらいたい映画です。(三田市、50才代)
●放射能は本当にこわいと思った。(篠山市、60才代)
●不可抗力でふるさとが奪われるということ、身体をむしばまれるということ、心の傷など。実に悲しい。原発は誰のためにあるのだろう。(加古川市、60才代)
●あらためて原発の恐ろしさを実感しました。(篠山市、30才代)
●とにかく泣けました。これからはもう少し関心を持ちたいと思います。(神戸市、60才代)
●前から見たかった映画で、とても良かったです。知り合いにも宣伝しておきますので、今後も上映応援しています。(大阪、40才代)
●福島原発事故のことを月日が経過するごとに、つい忘れがちになる。原発が近くにあることをもっと肝に銘じなければなりません。(篠山市、60才代)
●来て良かった!! 観て良かった!! 久しぶりに、いい映画を観ました!! もっと多くの人が観ればいいのに。無関心が一番恐いのに・・・。(篠山市、60才代)
a0044147_15593483.jpg


by kenpotamba | 2015-01-31 16:01 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kenpotamba.exblog.jp/tb/20828540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< はるまきちまきミニライブ感想(...      「朝日のあたる家」&ミニライブ... >>